夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love- 第8話「お姫様と瑠璃色な空の下で・・・」 感想

今週もやられました。ビデオの予約はしっかりと入れたのですが・・・
見た瞬間もう終わったと思いました。
いや、撮れてはいたんですよ。代りに画質がものすごく悪かったです。o゜(p´□`q)゜o。
しばらくは粘って直らないかなぁと見ようとしたわけですが、10秒ぐらいで諦めまたもYouTubeのお世話になりました。本当便利ですよね。この世の中w

話は達哉が告白したところの続きから。やはりというかフィーナは最初は断りました。月の王女たるものこうでなくてはいけません。こんな一般人の馬の骨(言過ぎ)との交際なんか許してはイケマセン。「私は貴方とは付き合えません」こういおうと決心したフィーナのことも知らずに馬の骨(達哉)はもう1度思いのたけを告白。仕方なしにフィーナは返事をしました。

「私も、あなたが・・・あなたが・・・・・・あなたが

文句なしのハッピーエンドです。達哉はこうして逆玉に成功。皆さんも参考にしましょう。こうすれば成功の確率が上がります。(実際に成功するわけない)

そうして2人は結婚を周りの人(主に父親とエセ婚約者)に認めてもらうため月の大使館に行き結婚を認めてもらうようにある人にお願いしに行きました。皆さんご存知の、そして国王と女王(故)の信頼が篤く未だに独身である家臣であるカレンさんのもとに行き、2人で結婚を認めてもらうよう、父親にとりなしてほしいとお願いをしました。

「結婚、トリナシテクダサイ」
「私よりも先に結婚はさせられません」

思っていた以上のカレンさんのガードは固いようです。めげずに頼み続けました。
「あなたしかいないの」
とフィーナに頭を下げられ、上目使いでお願いされるとカレンさんも気分を良くした様で
「お2人に試験を課します。試験の内容は剣術の1本勝負。その結果により判断をします」
と何とか譲歩させましたがフィーナの腕は達人級であり、一方の達哉は基礎ができている程度。勝負にならないと講義しますが、達哉が承諾しその内容で決まりました。

次の日、早速達哉は練習を開始。フィーナはというと家に帰ってきてから引きこもりが続いています。そしてやっと出てきて2人で練習を開始しますがフィーナは本気にはなれないようで打ち込むチャンスで打ち込むことができませんでした。見かねた高野さんが達哉に稽古をつける事に。高野さんの腕は月の剣術指南役に推薦されるほど。願ったり叶ったりです。

その一方で2人の決断はいろいろな方面で波紋を呼んでいます。
例えば、さやかさんが大統領秘書官の退職届をだしたり、仁さんが空気を読めずに給料をカットされたり、仁さんがまともなことを行って給料をカットされたり・・・
そんなことが起きてますw。そういう感じで2人はいろいろな人に支えられていることがわかり、フィーナもようやく決心がつきました。

「本気で戦って達哉が怪我しないかしら?」
そんな心配をしながら、怪我をしたら自分が看護するという全国の男子が羨ましがる計画を思いつき、これなら手加減をしなくても大丈夫。怪我をしたら私が治してあげられる。と決心を固めたところで、カレンさんから日程を聞かされました。

そして試験の当日になり、なんかデジャビュしつつも結果は達哉が怪我もせずフィーナが勝つという結果になりました。そしてカレンさんからこれからどうするのかと聞かれ2人はまだ諦めない、みっともなくても認められる様に道を探すと言いました。それを聞いたカレンさん。
「いささか癪ですが、結婚をとりなしましょう」といい、2人の結婚に大きく前進が見られました。

寄り道をしすぎていつの間にか夜明けを迎えていました。・・・寄り道ってナンダ、ナニヲシタ。
ともかく結婚を認めてもらえました。その記念にキス・・・をしようとして邪魔が入りました。
よくやったぜ麻衣b。寝言はありきたりだけどw。

歴史の変わり目に立ち会おうとしているいま、やはり大統領にはさやかさんが必要な様子。
ニートにならなくてよかった。と、さやかさんは心の中でつぶやきました。
リースも直接行動を開始するようですし、今後の展開に要注目(ビデオを直さないと・・・)ですね。



↓に参加中です。よければポチっと押してやってください
ランキング参加中

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック